婚活のパーティーなどで自分自身の性格を言い表す場合に…

婚活、という場面で自分自身の内面を説明するとき、「優しい」と表す…

  • 婚活をする上で、自分自身の性格を言い表すために、「包容力がある」という言葉で伝えるのは一般的。でも、それだけだとありきたりすぎて、婚活の場では、周囲に埋もれてしまう可能性もあります。そのため、印象に残る00点満点の答えとは言えません。婚活の場では、相手に少しでも自分を知ってもらう必要があります。婚活で役立てるためには、どういった言葉で伝えるのが良いのでしょう?例を挙げると、「相手の主張もしっかりと聞く」みたいに、説明するような言い回しに置き換えてみてください。そうしていくと、同じ心の柔軟性を伝えるにしても「この人は相手を受け入れられる懐の深さがある」と解釈してもらえるので、説得力が大幅にアップします。

  • ネット上の婚活が目的のアプリを通じて出会った男性から…

  • 以前、ネット上の婚活アプリをキッカケに出会った男性に、驚くなかれキッチン用具を売りつけられそうになったことがあったのです。私にセールスをしようとした彼のプロフィールの画像がかなりイケメンで自己紹介欄には経営者と書かれ、収入は高く、おまけに、年齢は20代半ば。どういうわけか私のことを気に入ったらしく、少しだけ、不安をおぼえましたが、それでも楽しみにしながら出会った結果、彼は、ねずみ講の勧誘員だったのです。それに、ものすごくしつこくて、やっとのことで断りました。このような理由もあり、良い条件が揃いすぎている相手には、何かしらの思惑があるのでは、と疑うようになりました。

  • 婚活パーティーで、なるべく多くの男性に好かれるために・・

  • 婚活でするパーティーを利用して、たくさんの男性から選んでもらうためには、自身の立場が有利となるパーティー、及び、あなたの良いところを見てもらえるイベントを選ぶのがベストです。婚活のニーズが高まっている最近は、職業や年齢(世代)、結婚歴などのカテゴリをはじめ、いろんな条件による婚活パーティーが開かれていますが、女性が一番見られるのは「年齢」です。もし、34歳の女性が高収入な男性が多く参加するイベントに参加しても、良い結果を期待できません。年齢制限が設けられていないパーティーでは、どうしても圧倒的に若い子の方に人気が集まる傾向があります。もしも、あなたが30代の女性であれば、チャンスを高めるためにも、女性の年齢層が高めのイベントを優先するのが合理的です。自分よりも年上な人が多いイベントであれば、相対的に若く見せられるので、あなた自身がモテやすくなるはずです。

  • あなたが本気で結婚するつもりで、結婚活動(婚活)に取り組んでいるのな・・

  • あなたが真面目に結婚するつもりで、結婚活動(婚活)に取り組んでいるのなら、自身の性格について知っておく必要があると思います。文句が多いとかわがまま、などといったことではなく、自分の「精神的な強さ」についてです。「気持ちの強さ」に関しては、客観視してみた方が良いです。私もそういう意味での性格に問題があると考えてどのようにして改善していくべきか悩んでいたことがあります。自分に問題があるとわかったのは、婚活中に失敗したことが沢山あったためです。性格を矯正するためには、すくなくとも自身を信じてあげることです。自分を信じることは、メンタルの強さや自信にもつながるからです。自分自身に自信がないと、相手にそれが伝わってしまい、一緒にいる価値のない人として判断されるおそれがあります。私は、そういった気持の弱さを出してしまったので、しょっちゅう避けられていました。それで、自分自身に自信を持てるようにしようと思いました。ただ、自信を持つだけでは結果は変わらないので、「自分磨き」をセットで考えていきましょう。そのうえで、状況が良くなることを信じて行動することが大切です。

  • 婚活イベントで行われている色々なパーティーに何度も参加してみて気づきました…

  • 婚活が目的の色々なイベントに何度か参加してわかりましたが、婚活のためのイベントでは、肌の露出を抑えたファッションの方が成功率が高まります。私もイベントに参加し始めた頃は、脚を強調した短めのスカートや、胸や鎖骨が見える服、また、背中も見える服など、どこかしら肌が見える肌の露出が多めの服を選んでいました。そんな服装のほうが男性は意識してくれる、と予測してのことだったのですが、「その考えは間違っているよ」と仲の良い男の友人に言われたのです。恋愛となると、露出が多い服は男性からの視線を集めやすいですが、本気で結婚相手を選ぶ際、婚活時、清楚な雰囲気を男性は求めているので、露出の多めな女性には、家庭的な雰囲気を感じないのだそうです。その男友達の言葉を信じ、清楚な格好で婚活パーティーに参加してみると、男性のリアクションがかなり良くなりました。

  • 結婚活動をしている人のなかには、生涯のパートナー相手に求めることと…

  • 婚活において、パートナーに求めることとしてお金以上に愛情を優先しているなんて言う人もいるかもしれません。けれども、現実、プロフィール欄でまず最初に注目してしまうのは顔です。次に年収(経済力)、次に職業が注目されます。その証拠に容姿がひどい、は相手にはされず、年収が500万円以下の男性の場合、実際に会うこともできないのです。職業に関して女性の場合は、それなりの年齢なのに家事手伝い、と記入すると、仕事をして家計を支える気なんてない女性、と思われ男性からは結婚相手としてスルーされる可能性が高くなります。このような婚活で最も重視される部分を軽視していると、まず第一段階である会って話をするチャンスすらなく、気がつくと何十連敗、、と最悪な状況に陥ってしまうかもしれません。

  • 結婚活動していることは、今は、それほど珍しいことではなく・・

  • 婚活することは、近年では、珍しいことではなくて、結婚する方法としてメジャーになりつつあります。結婚する相手を探すために婚活する、というと一昔前なら、社会的な観点からは、結婚相手に恵まれなかった人同士のイベントと思っている人がたくさんいました。だけど、近頃となっては、結婚活動の意味自体が根本から違ってきているのです。上記にも述べたような、結婚のタイミングを逃してしまった、から婚活するのではなく結婚相手を選ぶ、というものに変わりつつあります。かなり若い世代でも、PC・スマホなどを用いて、カンタンにパートナーを探せる時代にもなりました。ですから、婚活をするのが恥ずかしいという考え方自体が時代遅れともいえます。結婚に興味がある、でも、なかなか恋愛のキッカケがなくて困っている方は、古臭い固定観念を捨てて、気楽に結婚活動してみてはどうでしょう?