派遣会社に登録して仕事をしています。

このところ私は派遣の会社に登録をしています。

  • このところ私は派遣会社に入っています。サイト上でなにげなく興味を引かれる仕事を探して応募したい旨を伝えると「その仕事はすでに他の人の採用が内定しています」と断られて瞬間的にサイトから仕事の情報が見えなくなるのですが、どういうわけか次の日にはもう一度載っています。ということは結局は私だとよくないのっていうことですよね。そういうことならば変に隠さない程度ではっきりと教えてくれるといいのですが、なかなかそうもいかないのでしょうか。そうでなければ客寄せのための偽りの仕事なのでしょうか?

  • 就労期間中なら、状況が許す限り、水面下で(自身の・・

  • 在職中であるのなら、可能であれば、同僚にバレないよう(自身の転職活動では)雇用期間中に転身したいという考えだけを早い時期に社内で知らせたことがありました。でも、その後に求人誌を散々あれこれ見ていったものの、結局転職する時期など、何も決まらずズルズルと時間がムダになるだけでした。挙句の果てには一方の会社のほうは、仕事の引き継ぎ、諸々の手続き、自身の退職日などが続々と確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、お粗末な状況下で会社を辞める形になりました。そして、思うような展開にはならず、失業期間を経験したのち、次の就業先を見付けなくてはなりませんでした。

  • 就職した会社で嫌な感じの上司に神経を使い、ついにやる気がなくなってその会社を退職し、…

  • 就業していた会社で性格が合わない上司に悩み、ついにやる気がなくなってその会社を辞め、同業者の他の会社へ移りました。新しい会社では会社に行くのが楽しくとても満足の日々でしたが、緩やかに会社の売上が悪くなり、とうとうある会社に経営統合されることになりました。奇遇にもその統合した会社がなんと以前いた会社で、しかも感じの悪かった上司がもう一度私の上司となることに。いったいこれはここまで縁があるとは。当然また転職をしようと活動をし始めています。

  • 新しい転職先で、すぐに年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 仕事を始めてすぐはいきなり満足できるほどの「年収」を手にできると考えないほうが良いです。特に、転職1年目の段階では、大体研修期間が入っていることも多数で、私の転職では、尽力して新しい職を見つけることができたのに、予想に反して前の会社での年間報酬とあまり同額でした。しかも仕事内容は多忙を極め、たいへん責任が伴うものだったので、二年目を迎えるまで厳しかったです。そのような経緯から転職1年目は、仕事を学ぶ年と割り切り、状況が許す限りやれるだけ転職する前から貯金をして備えておくべき、と痛感します。

  • 転職時の面接での身なりは企業側からクールビズでも大丈夫で・・

  • 転職をする際の面接での身なりは企業側からクールビズで来てくださいとと伝えられることもあるようです。しかし、クールビズで伺うのは実際は良くない印象になるのでは?と疑う人もいます。クールビズについての迷いを懐に抱え込んでしまっている人たちに関しては、企業側からクールビズで良いとされた面接は言われた内容をそのまま実行したほうが良いです。迷ってしまい、真夏でありながらスーツをしっかりと着用すると暑苦しく感じられます。ですから、クールビズで来てくださいと記載されていたらクールビズで構わないのです。

  • 今から転職活動をするのなら、良いと思う求人(あるいは業界…

  • これから先、転職活動をするのなら、良いと思う求人(もしくは業種)を見つけたときに逐一、「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネット検索し目を通しておくべきです。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントでは、まずその業界に関するマイナスとなる面は、知ることはできません。もしブラックな面があるなら簡易的なインターネット検索によっていとも簡単におおまかな実態を理解できます。そういう面を知らずに会社に入ると、あとになってしっぺ返しを食らうおそれがあります。そもそも求人が出ていた理由が「仕事の内容がキツイから入っても続かない」といったケースがかなり多いため、気になった業種について、疑問点を払拭した上で、応募するようにしましょう。

  • 今現在の職場・業務内容について不満に感じていることの中・・

  • 現在の自身の勤め先や仕事に対するほとんどの人は不満を感じていると思います。「自身のスキルや、仕事上での能力を適正に評価されていない」それゆえに「報酬は上がらず、将来的な出世も期待できない」といった不満が多数を占めます。しかしながら、そのように思う人の一部には自身のスキル・能力を過大評価していることもあるのです。仮に、過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍できる企業や職種なんてない」と就職するまでの期間が長くなると言う事に陥りがちです。という事態を招く可能性があります。ですから転職で良い結果を出すためにも、自分のキャパシティを客観的に見つめることが大切です。