近頃、株・不動産投資の不労所得を得たり、個人経営 、起業…

借金返済|今では、株・不動産投資などの不労所得で生計を立てたり、…

  • 昨今では、株・不動産投資などといった不労所得、もしくは起業で頑張っている人も増えています。そういった変化に伴い、「会社員の道こそが正義」といった常識も変わってきています。1960年代ごろの高度経済成長の時代には、安定しない自営業という生き方よりも雇われているほうが安定性にすぐれていました。人のあるべき形として、またそれが自然のことのように世の中に広まっていました。そのような社会全体が等しく成長する時代は過ぎ去り、今現在は「成熟期」とも付けられています。近い将来では、コンピューターの発達とともに、機械化や自動化が進み、社会においては人手が不要になると言われています。

    転職をする際は、予め、公式サイト、求人票、パンフレットといったも・・

  • 転職活動をするいあたっては、前もって、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはウェブ上の求人情報を見たりしてその会社のことを調べると思います。しかし、その会社がどういった情報を表に出すかは、コンサルタントからアドバイスを受けている場合が少なくありません。彼ら(コンサル)は、会社に不利益となる情報を隠す傾向があります。たとえ公開する場合でも遠回しな表現に徹します。その種の企業の「社長インタビュー」または「社員情報」といった情報は、馬鹿正直に信じるのではなく、疑いながら読んだ方がいいでしょう。もしも耳障りの良い話を鵜呑みにしてしまったら、こんなはずではなかったと気が付くことになることが多いです。たちの悪い会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後は、文句をつけながら辞めさせないようにするかを考えている。この種のブラック企業には気を付けましょう。

    転職を考える際、そこでの給料について気にしすぎる・・

  • 転職する場合、そこでの自身の給料を過剰に気にする人がわりと多いものです。もちろんたいていの人は仕事というのは収入を得るため、行うものです。ですから生活費を給与としてもらうために仕事すると思います。とうぜん年収は自分がどのくらい評価してもらえるか、という見方もできますから、当然大切なものであることは否定できません。ですが、あまりにもらっている年収額ばかりをとらわれすぎてしまう人生というのもさみしい気がしませんか?それより年収がさほど期待できない仕事であったとしても人間的な成長が遂げられる可能性がゼロではないからです。

    転職をする活動をしている最中は、最初に何よりも心が慌てな…

  • 転職活動をしているときは、ゼッタイに自分自身の心が静かであることを大事にしたいものです。今の会社で働きながら転職をする活動される場合は、あまりないかもしれませんが、退職後にする際は、内心が焦ってしまいます。そのため、気持ちを抑えつつ、転職活動を続けていきましょう。今後、自分がやってみたい仕事や、理想とする職場のイメージをハッキリさせておきましょう。実際の職場におけるそれらが合致しているかどうか、改めて冷静に見極めていきましょう。この手間を掛けることで転職での失敗を防げるはずです。ぜひ実践してみてください。

    転職する際に、インターネットでのエージェントを利用するケースもあるでしょうが・・

  • 転職をするにあたっては、インターネットでのエージェントを使う手段もありますが、もしもその種のところに登録し、運よく転職に成功した場合でも、失業保険の給付を受け取ることはできないので注意しましょう。ハローワークを使わずに就業しても給付対象にならないので注意すべきです。一方、ハローワークにより斡旋された会社に就業したときは、就職の準備金として一時金を受け取ることができます。ネットを拠点にする就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るだけであり、失業保険の給付手続きは扱っていません。このような点を無視していると、失業中にお金がもらえないことになるので注意が必要です。

    借金返済|昔の求人誌では、募集条件の中に「性別」について、当然のように記載されていました。

  • 昔の求人誌に雇用側が求める人材の「性別」がしっかりと記載されていました。でも、1986年に施行された男女雇用機会均等法の影響によって、採用において、男女の差別がしてはならないルールとなり、募集要項の概要に「性別」が記載されなくなりました。ですが、募集情報を出す側は、男性・女性のどちらでも良い、とは心のうちでは考えていません。実際問題、本当は男性が欲しいジャンルに女性が応募したり、逆に女手が欲しいのに、男性が来てしまったり、といったトラブルは誰にも起こり得ます。たとえば、「女性が活躍している職場です」と紹介されていたら、雇い主となる企業側が「女性」を必要としてる、と認識したほうができます。

    私が転職を考えていた時期に割とたくさんの人材紹介会社に登録していました。

  • 自らが勤め口を探していたころ割と多くの人材紹介会社に登録していました。その際に思ったこと、それは転職のアドバイザーの質が本当に色々あって大体は不満足を感じる人ばっかり。私とっては大切なことなのにもっと情熱をもってに向き合ってほしいという感情が積もり、その事がきっかけで自分がキャリアカウンセラーになろうと思い立ちました。キャリアカウンセラーの資格を取得できるまでには費用もかかりましたし資格取得のための勉強面においてもとてもハードですが、就職活動中の人たちにあなたがアドバイザーでよかったと言ってもらえる存在になるために頑張っています。