借金返済|今と違った会社に入りたいと転職活動をしている人とは「少しでもはやく…

もっと良い企業がいいと転職活動をする人とは「ほんの少しでも早・・

  • 違った職場がいいと転職で活動している大半は、「少しでも早く内定(採用通知)を手にしたい」と考えるはずです。しかし、通知を得たいばかりに、自分の能力について、嘘の申告をしたり、あるいはその反対に自分を安売りするような言動は出来るだけしないようにしましょう。焦る気持ちはグッとおしころして、冷静に、そして客観的に、自分にピッタリな職場を探すことにアンテナを集中させていきましょう。これまでの経歴を生かしつつ、さらに、今後のキャリアアップが期待できる場所を賢く探していきましょう。

  • 借金返済|「シフト制」の仕事についての話です。

  • 「シフト制」の仕事についての話なのですが、毎週、特定の曜日に入れる人を募集している求人をよく見るのですが、もし、応募しようと思っているならシフトの出し方、休み方についてはあらかじめ尋ねておいたほうが良いです。以前に私自身が、出産のため産休で休む人の助っ人として、正社員としての仕事をはじめたのですが、私のシフトがそこでは「土日」固定のシフトだったのですが、新人の私以外は、他の社員は誰一人現場にいませんでした。前任の女性が土曜、日曜に必ず出勤できる人だったので、私も必ず出勤できると思われていたみたいです・・・。「土日」に冠婚葬祭が入ると、シフトを変えてもらう必要があり、上の人たちに「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と自らお願いをしに行かなければいけませんでした。立場は同じなのに、土日を私だけに任せるのは納得できませんでした。思い出すと「本当によく耐えた」と自分でも驚きです。

  • 再就職時の面接では、小規模業者だったら大体、その社内の「人事」担当者が面接官になります…

  • 転職時の採用面接では、中堅企業だったらおおよそは「人事」が面接担当になりますが、それ以外の場合もあります。例を挙げるとしたら、今後仕事を一緒にしていく担当者、わかりやすく言うと管理職クラスである課長や部長が担当することになるでしょう。とりわけ、営業系や事務系に転職する場合は資格での見極めが難しいので、自発的に自分という人物をアピールすることがとても重要になります。面接担当者たちから「この候補者はしっかり自己主張できるし、それに戦力になりそうだ」と思わせ、覚えていてもらうことがとても大切です。

  • 女性の再就職は、セクハラが社会的に問題になる前と今現在とで…

  • 女性の転職において、数年前と今とで少なからず、変化が見受けられます。一昔前は面接の場で、「結婚観」や「出産後の予定」などのことに関して、質問されることは珍しくなかったのですが、現在の流れとしては、そのような内容は、セクハラに該当するとして聞かれないことの、ほうが増加傾向にあります。また、名の知れた大きな会社ほど、かなり神経を尖らせているようです。しかしながら、会社側としては、はい・いいえ、といった形ではなく、その女性が、結婚したあとどうするか、出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを当然、知っておきたいとは思っているはずです。あなたの考えを知っておいてもらうためにも、志望動機・自己PRの中に織り交ぜながら話すことで、面接担当官も考えがわかり、判断してもらいやすくなると思うわけです。ということで、たとえ、質問されていない箇所についても、先にあなたから気遣いながら話をしておくのが良いです。

  • 新たな職場で今までに培ってきたキャリアを活かせられれば…

  • 新しく就いた職場でこれまでに培われてきたスキル・キャリア生かせれば、即戦力として周囲から評価されて、仕事場での信頼を勝ち得ることができるはずです。人を雇おうとしている会社側も即戦力は常に必要なので、雇い主側が判断しても即戦力となる転職はとんとん拍子に事が運ぶでしょう。それに加えて過去の業務内容と同じような仕事なら可能性は十分にあります。但し、即戦力な基準を満たしていても、一流企業の事務系の業務や、公務員系の募集は、時代や景気に左右されることなく相当な競争率だと覚悟しておきましょう。

  • 将来、労働力という観点においてぐっと簡単な仕事は機械に交代させられてい・・

  • 今後の社会ではみるみるうちに単純な仕事は機械化が進み、それによって人手はどうしても減少していきます。その理由は、簡単な作業という観点では人以上に機械を稼働させたほうが圧倒的な作業量をこなせるからです。数量を計測したり、同じ作業をずっと繰り返すことは機械にはへっちゃらです。人と違って泣き言を言わないし、疲れることがありません。また、ずるもしない、正確な作業をしてくれますし、均一にこなせます。さらに、給与も発生しないのです。というわけで、労働力として人を使う理由がまったく無いため、機械にシフトされるもの自然の結果といえます。

  • 転職活動における最後に残る厄介な問題として、「現在勤めている会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。

  • 転職活動において最後にクリアしなければいけない難問として、今勤務している会社の退職があげられます。転職先の会社が決まっても、現在勤務している企業が退職を慰留することは多々あります。そうなってしまった場合、負けることなく退職する、という強い気持ちをもつことが必要です。もしも引き留められて、残ったとしても一度辞めたいと思った会社には、やがて愛着もなくなってきます。退職をスムーズに進めるためには、最初に会社の規定に目を通し、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届をつくっておきましょう。その後、決定権のある上司と直接話し、退職を撤回する考えはありませんと、毅然とした態度で伝えましょう。「円満退社」で今の職場とお別れすることも転職活動の大事なポイントです。